ウィルスセキュリティZEROの特徴と機能

 


⇒ ウイルスセキュリティZERO 公式サイトはこちら

 

ソースネクストから発売されているウィルスセキュリティZEROですが、国内では販売数が高いソフトです。

 

その秘密は価格が安いことはもちろんですが、安いだけではこれほど販売数を伸ばすことはありません。
安さと機能がユーザーにマッチしているから、これほど販売数を伸ばしてきたと思います。

 

ここでは、ウィルスセキュリティZEROの特徴や機能をじっくりと紹介します。

ウィルスセキュリティZEROの特徴

なんといってもこの価格!

このセキュリティソフトの最大の魅力はセキュリティソフトの中でも価格が安いということです。

 

大抵のセキュリティソフトは、ほとんどが1年更新版が多く金額にすると3,000円〜7,000円位費用としてかかりますが、ZEROに関しては1年目のみ1,980円で2年目以降はずっと無料で使えるソフトで、OSのサポート終了まで1,980円で利用できるということなんです。

 

例えば、Windows8であれば2023年1月10日までの約9年は、初期投資するだけであとは更新料無料なので、面倒な更新作業や費用の軽減が期待が出来るソフトです。

動作の軽さ

セキュリティソフトを入れると重くなるという話をよく聞きますよね!?

 

ZEROは、2010年から2年連続でソフトがパソコンの動作に与える影響を測るテストで20製品中1位となり動作の軽さを実証しています。

気になるウィルス検出率は?

では、これだけの低価格で気になる性能はといいますと、検出力は高いほうです。
世界標準の検出力を測るテストに合格しているので、信用性は高いと思います。

ウィルスセキュリティZEROの機能

ウィルス・スパイウェア対策

通常のウィルス検出はもちろん、ヒューリスティック機能やポリモーフィック機能で既知や未知のウィルスを検出する対策が施されています。

個人情報保護機能

個人情報の送信防止機能やID保護機能があり、個人情報やID・パスワードなどが勝手に送信されるのをブロックする機能があり情報漏えいを防ぎます
また、フィッシングメールなどもブロックする機能もあり、偽サイトに誘導されるのを防ぎます。

WEBサイト保護機能

安全なサイトかどうかを判断し、危険なサイトに警告を表示して危険なサイトの可能性がある場合に知らせてくれる機能です。

まとめ

 

この様に特徴や機能をまとめてみましたが、総合的に価格の割には機能が豊富でウィルス対策も出来ているので安心して使えるソフトです。

 

ただし、更新定義ファイルの更新頻度や機能的な面を他のセキュリティソフトと比較した場合、決して高いとは言えず平均並み言ったところです。

 

ですので、パソコンの利用頻度が少ない方などに適しており初心者〜中級者向けのセキュリティソフトと言えます。

 


⇒ ウイルスセキュリティZERO 公式サイトはこちら